さがすブログ

GameWithがゲーム攻略記事をコピー丸パクリ発覚で元会社に謝罪

time 2018/03/16

GameWithがゲーム攻略記事をコピー丸パクリ発覚で元会社に謝罪

ゲーム攻略情報サイトGameWithが違うゲーム攻略サイトのヘイグという会社にGameWithによる、コンテンツの不当転用をTwitterで指摘され、問い合わせもされました。

GameWithが記事盗用を認める

当初GameWithによる対応が企業としておかしいと怒っていたヘイグ。GameWithは、指摘された記事の丸パクリを全て認め、ヘイグを運営会社に謝罪に訪れていたことがわかりました。GameWith(ゲームウィズ)の担当者は、記事作成マニュアルが周知徹底されていなかったと発表。

はじめは問題なかったと発表していた為に、記事の丸コピーを隠しているとされていました。GameWithのアクセス数は、過去に8.9億PVを記録する大手のゲーム攻略サイトです。今回は、大手がプレイしていないで、情報を他のサイトから集めて、記事をコピーして作成していた問題は、前にあったまとめサイトに似ています。

企業である以上は、記事の盗用はよくないと思います。そこで働いている社員も記事を書いて給料をもらっています。信用問題につながると思います。個人サイトは、時間をかけて攻略をしています。今回のコピーで一番ひどかったのも知名度が高いGameWithでした。

GameWithがヘイグへ謝罪

今回の記事丸パクリは、あからさまにわかるひどいものだったとヘイグさんが言っています。マップもそっくりな絵柄だったらしいです。
ヘイグさんは当初、「修正はされたものの謝罪などは一切ありませんでした。こんなやったもん勝ちの対応を容認するわけにはいきません。本当に悪質な企業ですね」などと訴えていました。今回の転用問題は、GameWithが認めて謝罪を行いました。

北斗が如くのサイドミッションや賞金首ハンターの記事を転用していました。ヘイグが寝ずに徹夜でプレイして更新した記事をその都度、丸コピーをGameWithはしていました。GameWithがコピーを認め、謝罪して解決しましたが、今後も他のコンテンツのパクリは、企業である以上モラル的によくないと思います。

user
投稿者: