さがすブログ

脳を育てる賢くなる子育て方法まとめ

time 2017/12/31

脳を育てる賢くなる子育て方法まとめ

子供は、好きな事をさせることで頭がよくなります。

子供の好奇心は、学力などを効果的に伸ばします。
子供の持つ好奇心を生かしきるのが大事です。
好奇心を引き出してあげるにはコツがあります。

どんな子供でも、親の働きかけ次第で賢く育ちます。

伸びる子の親は、図鑑などを使って、子供の好奇心を伸ばすことをしています。

子供の伸びしろは5歳までに決まります。

子育ての仕方で脳のつくりが変わります。

小さい頃の子供のプレゼントは、図鑑がいいです。
図鑑を読んでいた子供は、大きくなっても賢くなります。
虫捕り網で外で本物に触れたり、ピアノなどの習い事などの楽器もいいです。

脳には意外なネットワークがあり、音楽が英語の力を伸ばします。
音楽は幼いうちに始めたほうが絶対にいいです。

芸術・語学・運動能力など才能とセンスがある子供は、「始める時期」が大事です。
取り組む時期によって、伸び方がかなり違います。

・0歳~
【図鑑・絵本・音楽】
感覚と感性は目と耳が大事で磨かれます

・3~5歳
【楽器・運動】
音楽、スポーツの才能が開花する時期です。
器用な手先は、親がつくってあげましょう。

東大生の習い事はピアノが多いという統計があります。
子供の努力は、生まれつきの才能を超えられます。
絶対音感・相対音感も速い方が身につきやすいです。

・8~10歳
【語学】
・英語教育は早く始めるほどいいは誤解です。
・8~10歳の英語が脳にとってベストらしいです。

・10歳~
【思春期】
社会性・コミュニケーション能力
・誰と出会い、どう過ごしたかがもっとも大切な時期です。

一人っ子、兄弟姉妹には、どちらにもいい点、悪い点があります。

自身をもたせることが大事です。

脳が成長スピードを上げる
おすすめの生活習慣

・海馬を大きく健やかに育つ生き方があります。
睡眠が足りてないと脳が縮んでいきます。
自覚がない睡眠不足が脳の成長を妨げます
夜の寝る前に絵本を読む習慣で脳がもっと豊かになります。
勉強効率をあげるには、復習することが大事です。

子供の朝食は大事です。
パンよりごはんを脳が喜ぶ朝食を食べさせよう
魚を食べるとIQがアップします。
朝食抜きは絶対にダメです。

運動をすると賢くなる
脳の持つ自ら成長する力を伸ばそう

ゲーム・スマホなどで集中力を養う

・親のしつけは大事です。叱るよりほめる方が脳にいいです。
・子供を怒ることは、海馬を萎縮させるストレスの原因になります。

毎日の生活習慣を大事にすることで、子供はもっと賢くなれると思います。
親の行動によっても子供の将来へ影響することもあります。

user
投稿者: