さがすブログ

お酒で高血圧に!心筋症、心不全、動脈硬化、脳出血、くも膜下出血になる

time 2018/01/19

お酒で高血圧に!心筋症、心不全、動脈硬化、脳出血、くも膜下出血になる

お酒のアルコールと高血圧の関連性は十分に知られています。お酒を飲む頻度が多い人ほど、高血圧の人が多いです。

お酒による病気への影響

高血圧の人は、医者にまずは、飲酒制限を言われます。高血圧の治療には、生活習慣の改善が一番で、お酒を飲むのをやめることが一番だと言われています。高血圧は、様々な病気に関り、健康を調べる基準になります。

研究では、飲酒量が多い人ほど血圧は高くなり、飲酒制限することで血圧低下しています。飲酒後に低下して、脈拍数はかなり上昇します。循環器病の発症が多い朝に血圧が急上昇してかなり危険です。さらに、お酒のつまみも血圧上昇の要因になります。

お酒で病気リスク上昇

お酒の長期間による飲酒は心臓が肥大します。心筋症や心不全、認知症の原因になります。心房細動や期外収縮などの不整脈のリスクを高めます。脳出血やくも膜下出血もリスクが高くなり、長期間による飲酒の危険性が分かります。

飲酒やアルコール中毒は健康を一番に損なうので、気をつける必要があります。

miho
投稿者: