さがすブログ

脳のパフォーマンスを最大限引き出す方法

time 2018/01/03

脳のパフォーマンスを最大限引き出す方法

脳に疲労を貯めてませんか?疲れない脳を作りる方法があります。
脳には、睡眠、瞑想がおすすめです。そして、食事方法です。
脳のガソリンである、血糖値をコントロールすることが必要です。

空腹でおなかがすくと、不機嫌になることないでしょうか。
空腹状態では、血糖値が下がりすぎて、脳にエネルギーが回っていないためです。
食事は、仕事のパフォーマンス、集中力、想像力、感情コントロールなどに関係が深いです。

血糖値は、血液中のブドウ糖量です。炭水化物が分解されるとブドウ糖になり、体のエネルギーになります。

ブドウ糖を一番消費するのが、脳みそになります。
脳の働きをよくするためには、炭水化物が必要です。必要ですが、摂取しすぎると、血糖値を下げてしまうため、脳にブドウ糖がいかなくなります。

脳にとって良い食事方法

脳の最大限のパフォーマンスの為には、適切な量を摂取しましょう。ダイエットで糖質ダイエットが流行していますが、制限しすぎると、記憶力も低下します。血糖値を1日安定させるには、和食の朝食を食べましょう。

朝食を食べずに、昼食を食べると、午後は、集中力が低下したり、眠気がきたりします。
夜遅い場合も間食を入れましょう。時間が開くと、血糖値の変動が激しくなります。

多く食べたい場合は、血糖値の上昇をゆるやかにする食物繊維を取ると、ダイエットにもいいです。納豆やたまご、味噌汁なども一緒にタンパク質も一緒に食べると、血糖値の上昇を抑えられて、腹持ちもよくなります。糖類の過剰摂取には気をつけて下さい。

血糖値を上げない為には?

玄米やそばなど低GI食品も血糖値を上げにくいです。
寝る前の夕食も時間をあけるようにしましょう。胃腸を休まらない上に、太るや睡眠の質も低下します。

血糖値を上げない為には、野菜から食べて、最後に炭水化物を食べましょう。ゆっくり噛むことも集中力を上げたり、ダイエットにもなり、血糖値の上昇を防ぐのに大事です。

集中力の低下、眠気、空腹感の頻度が多い方は、これらの原因がある場合があります。毎日、問題点を改善して、継続することで、解決できます。

user
投稿者: