さがすブログ

認知症予防、リスクを減らす方法と食べ物

time 2017/12/26

認知症予防、リスクを減らす方法と食べ物

加齢による脳の萎縮、脳に老廃物がたまることでできる認知症。
65歳以上の5人に1人が認知症です。

最近物忘れが気になる、記憶力が下がった気がする方も注意が必要です。
有名人の名前が思い出せない、出てこない方は要注意です。
誰でも記憶力は維持したいものです。
通勤の際に、車ではなく、自転車を使い、エレベータではなく階段を使うなど運動も大事です。
あまり座らずに動くことが大事です。

認知症のリスクを減らす方法です。

認知症予防方法

医者がおすすめする2大認知機能改善方法

食べて認知機能を改善

日本が大好きな食べ物
認知症に予防効果があるのが、カレーです。
好きな食べ物でカレーはランキングするほど、人気です。

海外の論文でカレーが認知症にいいという論文が出ていて、インド人はアメリカ人よりも認知症が少ないのです。
昼食などレトルトカレーは、簡単でオススメです。

スパイスをよく使うインド人は、アルツハイマー病がアメリカ人の4分の1でした。
カレーを食べて、認知症発症率4分の1はすごいです。

国民食であるカレーに、認知機能の予防・改善効果があります。

女性の20代~50代より高齢になるとカレーを食べる回数が減るそうです。
女性の高齢者の方がカレーは好きだけど、子供が独立して、作っても余る、和風のさっぱりした料理が食べたくなるなどが原因のようです。高齢者ほどカレーを食べる必要があります。カレーをよく食べる人は認知機能が保たれています。

よくカレーを食べる方で80歳の方の脳年齢は50代と30歳も若い結果の方がいました。

カレーのスパイスであるターメリック(ウコン)が認知症予防効果が期待できるそうです。
黄色に色づけるスパイスです。

認知症の大きな原因である、アミロイドβが脳にたまると、脳を死滅させます。
実験ではターメリックを使うとアミロイドがほとんどありませんでした。除去するのです。
アミロイドベータは、50歳から特に溜まりはじめます。全年齢の方にカレーはおすすめです。

カレーをあまり食べない高齢者の方は、ターメリック入りの味噌汁がおすすめです。
ターメリック味噌は、様々な料理に応用できます。

忘れ物予防にコグニサイズという頭を使う記憶力を使った有酸素運動もいいです。

有酸素運動は、脳の血流を増やします。また頭を使うと脳を活性化させます。
新しい神経回路もできます。

パソコンなど指を使う作業や頭を使う計算、ウォーキングなどの運動をして、脳の血流を増やしましょう。

user
投稿者: