さがすブログ

パーキンソン病の進行を遅らせる方法

time 2017/12/24

パーキンソン病の進行を遅らせる方法

新しい研究によると、パーキンソン病で脳細胞の死滅で中心的な役割をしていると考えられている有害なたんぱく質の蓄積を停止することができるのが運動が効果的だということが分かりました。

パーキンソン病は、筋肉制御、震え、硬直、遅さや障害バランスの損失原因になります。

運動を日頃からしていると、脳細胞における神経タンパク質a-シヌクレインの蓄積を停止させることができることが発表されました。

実験では、運動がパーキンソン病の問題を解決したそうです。
運動は、脳内の異常なたんぱく質の蓄積を防止でき、パーキンソン病の進行を遅らせることができます。

パーキンソン病は、ドーパミンと呼ばれる重要な化学物質を作る脳細胞の死によって、引き起こされる疾患です。ドーパミンがないと自発的な動きはできないです。

運動は、健康な生活を送るためにも重要です。

hiro
投稿者: