さがすブログ

妊娠後期の葉酸で赤ちゃんのアレルギーリスクを高める

time 2017/12/23

妊娠後期の葉酸で赤ちゃんのアレルギーリスクを高める

海外の発表された研究によると妊娠後期に葉酸を取ることは、赤ちゃんのアレルギーのリスクを高める可能性があります。

妊娠後に葉酸を摂取することは、子宮内胎児発育遅延(IUGR)の影響を受けます。

その影響により、出産後に産まれてくる赤ちゃんにアレルギーのリスクがあるそうです。

葉酸は、発達中の胎児で、心血管の欠陥を防止するビタミンB類がありますので、妊娠の最初の時期に摂取するといいそうです。

妊娠後期は、必要とされないことがあり、赤ちゃんのアレルギーリスクを高める可能性があるので、控えたほうがいいです。

妊娠初期は必要な栄養素です。お酒を飲む人は、摂取を気にする必要があります。

葉酸が多く含まている食品ですが、ブロッコリー、ホウレン草などの緑黄色野菜、豆類、レバーなどに含まれています。妊娠中は便秘にもなりやすいです。

ai
投稿者: