さがすブログ

葉物野菜の栄養素が脳の老化を防ぎ認知症を防ぐ?

time 2017/12/22

葉物野菜の栄養素が脳の老化を防ぎ認知症を防ぐ?

記憶や認知機能の低下をはじめとする認知症は、高齢化の中で一番恐れられています。

身内のことが分からなくなったり、周りに迷惑かけたりしたくないものです。

海外の研究者が千人を研究した結果、野菜のケール、レタス、ほうれん草などの緑の葉野菜を1人~2人前を毎日食べるという人が、認知機能低下速度が遅いことが分かりました。

野菜を多く摂取していたグループは、11歳脳年齢が若かったそうです。

調査の結果、認知症にならない栄養素は、葉酸、ルテイン、硝酸塩です。

炎症、ストレスと脳内損傷の変化から守る為と考えられています。

また、野菜は、綺麗な動脈を保ち、心臓病などの心臓疾患のリスクを軽減して、糖尿病や脳にもいいです。

アルツハイマー病(認知症)にならない為にも毎日、レタスやホウレン草などの野菜サラダを食べるようにしましょう。

yume
投稿者: