さがすブログ

ドクターXの最終回見た感想。視聴率も良かったそうです。

time 2017/12/15

ドクターXの最終回見た感想。視聴率も良かったそうです。

ドクターXの第5シリーズの最終回が放映されました。

今回の最終回第10話は、20分拡大放送されましたが、平均視聴率は25.3%でした。

今年のドラマでは、一番の視聴率です。

ドクターXは、天才外科医・大門未知子(米倉涼子)が主演の医療サスペンスドラマです。

日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、新たな権力争いに立ち向かいます。

脚本は林誠人氏、寺田敏雄氏、香坂隆史氏。演出は田村直己氏、松田秀知氏。主題歌はシリーズ5作連続してSuperflyが担当です。

ドラマXのドラマ最終回では、9話で未知子(米倉)が倒れました。それで、晶(岸部一徳)らは心配します。

その状況の中、内神田(草刈)が食道がんを患い、大学病院で手術を受けることになりました。
内神田の病状は深刻な状態。未知子以外の医師が手術を成功させることは不可能な状態でした。

内神田は敵視する未知子の執刀を拒否します。

そこに、未知子も腕を認める外科医・加地(勝村政信)が 登場します。
加地は、ある条件と引き換えに執刀医に名乗りを上げる内容のお話でした。
大門も手術の後、生きていて、ドクターXシリーズ6、続編も来年待ち遠しいです。

miho
投稿者:

down

コメントを書く