さがすブログ

Yahoo!天気アプリの「雨雪レーダー」を使ってみた

time 2018/01/23

Yahoo!天気アプリの「雨雪レーダー」を使ってみた

1月22日(月)の昼頃から関東甲信地域などで降雪予想が発表されました。前日には国土交通省、気象庁が大雪の影響により、首都圏では雪への警戒意識が高まっている。電車にも遅れが出たり、バスやタクシー乗り場にも行列ができました。

この大雪で、コンビニなどに外出して買い物する人が減るので、逆に出回などがふえ、ピザ屋では注文が多いので、人を増やして対応したそうです。交通止めもあり、車が立ち往生したり、事故などの影響により、各地で大渋滞が起きてます。車が空回りして、発進できないといった状態もありました。路面が凍結して、車がスリップを起こして、渋滞が多いです。

普段の電車の人もバスをずっとまったり、勤務先より、早く仕事を終わって出ても、混雑が続き、大雪で駅も大変混雑していました。東京では、4年ぶりになる大雪です。

大雪情報にYahoo!天気アプリ

経路の降雪・積雪の状態がどうなっているか? その雪の状態チェックにYahoo!天気の「雨雪レーダー」が役立ちます。

この機能は冬季限定ですが、リアルタイムに雪雲の移動がわかる「雪雲レーダー」が使えます。
「雨雲レーダー」の表示も同時にできて、「雪なのか、雨なのか」がわかる機能です。

わかる雲の動きは、通常の雨雲レーダーと同じ、現在時刻の1時間前〜6時間後までです。

JR東日本とJR西日本は通常運転

JR東日本とJR西日本ですが、始発から通常運転です。本日は、高校の受験など試験も行われているようです。電車の運転見合わもないようです。空港の空の便ですが、日本航空と全日空の情報によると、羽田を発着する便など13便が欠航予定です。

大雪は、交通機関、移動などで思わぬトラブルや事故が起こりやすい。Yahoo!天気アプリの天気アプリを活用して、早めの準備対応をしておきましょう。

ryou
投稿者: