さがすブログ

プロレスの大仁田厚氏、佐賀県の神埼市長選で原口元総務相とタッグ!

time 2018/01/22

プロレスの大仁田厚氏、佐賀県の神埼市長選で原口元総務相とタッグ!

元プロレスラーで参院議員も務めた大仁田厚氏が18日、佐賀県内で開かれた記者会見によると、4月に行われる佐賀県の神埼市長選挙(4月8日告示、15日投開票)に出馬することを正式に表明しました。

大仁田厚氏、佐賀神埼市長選挙出馬

佐賀の原口一博元総務相が同席し、大仁田氏は「神埼ブランドの宣伝マンになる」など6つの公約を発表。

市長になった暁には、夏祭りを盛大に行い、封印していた電流爆破デスマッチの解禁プランも浮上しています。

大仁田氏は「かえんば神埼」と書かれた5ページにおよぶマニフェストを報道陣に配布しました。6つの公約。
〈1〉50億の新市庁舎建設の見直し
〈2〉市民が主役のしがらみのない市政
〈3〉神埼ブランドの宣伝マンになる
〈4〉小中高の給食無償化と脊振の自校式学校給食の再開
〈5〉神埼市人口増加計画
〈6〉高齢者、障がい者を支えあう医療福祉の充実

大仁田氏は佐賀県は母親・松原巾江(きぬえ)さんの故郷。大仁田氏も九州への思いは強い。
佐賀1区(佐賀、鳥栖、神埼市など)が地元の原口氏とは親交があり、協力を得ている。

佐賀県の神埼市民が期待するのは大仁田の“町おこし力”です。大仁田氏の旧友の東国原英夫氏が宮崎県知事時代に展開した地域PRと同じ効果があります。

大仁田氏は、9月17日に、神埼市の次郎体育館で、 入場無料のチャリティー興行「がんばれ九州! 九州北部豪雨チャリティー電流爆破マッチ」を開催し、市民を喜ばせています。

ryou
投稿者: